読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かわいいから許す!

子育てに萌えている親バカ日記

子供の頃かぁ。

今週のお題特別編「子供の頃に欲しかったもの」
〈春のブログキャンペーン 第3週〉


 子供の頃欲しかったものを思い出してみたた。

……。

全く思い出せなかった。

 

スーパーに行った時に、親にお菓子をせがんだ記憶くらいはあるんだけど。


どうしても欲しくて、頑張って貯金して買った記憶とか無い。


それは、『遠い大物より近くの小物』的な感じで(;´д`)

今、持ってるお金で買えるものは買うけど、貯金しないと買えないものは、買わない…

いや、大物はあぶく銭で買う!

それは今もかわってない。



何でそうなったのか。

原因は紙吹雪の母にあると思う。


紙吹雪は小さい時は良く貯金をしてたと思う。

おこづかいとかチビチビ貯めて、母に貯金してもらっていた。


もう、おわかりだろう。

母親貯金なんてこの世に存在していなかったのだ。


消えた紙吹雪の貯金。

存在してたはずの通帳は無い。


使い途の検討はついている。

母親の名誉の為に言わないけど、ジャンジャンバリバリしたに違いない。


小遣いを全額使いきってた兄貴と、チビチビ貯めてた紙吹雪。

最終的に二人とも残高0円だけど、紙吹雪には何も残らない。

…。

いや、母親への不信感だけは残った。


それ以降、もらったお金は使いきるようになった。

貯金は、知らない間に無くなるのだ!!


子供の時欲しかったものは特に無い。

今は、あぶく銭が欲しい。


あの頃に戻ってアドバイスをするなら、母親貯金を信用するな!と教えてあげたい。